★命の大切さを訴える「赤ちゃん登校日」実現!(2014年3月)

MEMO

MEMO

 子どもが子どもを傷つける残念な事件が後を断ちません。

 文京区では2011年から「いのちの教育」と題して、医師や看護師の方から命の大切さについて教育の現場で講義してもらってきました。私はさらに話を進めて、子どもたち自身が普段接することの少ない赤ちゃんに触れ合えば命の重み、温かみを実感してもらえると考え、「赤ちゃん登校日」の実現を訴え続けました。

 2014年3月、その夢が遂に実現!区立第八中学校に9組の親子が来校。中学3年生の男女32人と感動の時間を過ごしました。これからも女性と子どもの命を守るために全力で取り組んで参ります。

2014/03/04

実績一覧に戻る

読売新聞(3月4日付)

東京新聞(3月4日付)

Copyright ©Tanaka Kasumi,All Right Reserved