《田中かすみの実績》 「街かど消火栓」 が設置されました!

木造住宅密集地域の防火対策である簡易水道消火装置「街かど消火栓」。

田中かすみが推進し、区内の大塚、根津、千駄木地域に「街かど消火栓」や、移動型の「街かど消火ハリヤー」が設置されました。

家庭の水道が消火栓となります。持ち運びができ、高齢者や女性でも簡単に使うことができます。

ここでは、「街かど消火栓」の操作方法と、千駄木エリアの設置場所を紹介します。

「街かど消火栓」の使い方

(1)収納袋側面のファスナーを開けて、口金を取り出し、水道蛇口に固定する(既に同様の口金が固定されている場合は、それを使用)。

(2)マジックテープを剥がし、収納袋のふたを開け、バックルを外す。

(3)ファスナーを全開する。

(4)給水側のホースを束ねているマジックテープを外し、給水コネクターを引き出す。

(5)水道蛇口に固定した口金に接続し、蛇口を全開にする。

(6)ノズルを取り出し、ホースを延ばす。

(7)水色の放水コックを反時計回りに「開」き、火元に向け放水する。

「街かど消火栓」設置場所

(千駄木エリア)

 2015年1月31日現在

・駒込林町公園

・千駄木公園

・千駄木三丁目児童遊園

・須藤公園

・汐見児童遊園

・千駄木二丁目児童遊園

・向丘二丁目児童遊園

・根津二丁目児童遊園

・八重垣第一児童遊園

Copyright ©Tanaka Kasumi,All Right Reserved